自律神経と頭痛の関係

 

自律神経を整える食事

 

食事・栄養療法は、自律神経失調症の予防や改善に対しても効果が期待できます。外食の機会が多かったり、清涼飲料水やスナック菓子を頻繁に口にする方も少なくないと思いますが、そういった食生活は摂取する栄養が偏ってしまい、それが自律神経のバランスを崩すことにつながってしまいます。

 

*食事によってストレスへの耐性は高められる

 

外食や弁当を食べる機会の多い方は、玄米、野菜、豆腐などを多く食べるようにしましょう。逆に白米、パン、パスタのような炭水化物やスナック菓子、ジュース類の摂取は減らし、栄養のバランスがとれた食生活になるよう心がけます。また、ストレスへの耐性を高めるとされる栄養素を摂取することも、自律神経失調症の改善には重要です。

 

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、鉄分、アミノ酸などが、ストレスへの耐性を高める代表的な栄養素としてあげられます。こういった成分は、ローヤルゼリーやプラセンタなどに多く含まれています。

 

特にローヤルゼリーは、バランス良くアミノ酸類やビタミン類を含んでいるという特徴があります。また、プラセンタのアミノ酸含有量も豊富だとされています。その中でも、馬由来のものがアミノ酸を多く含んでいるとされています。さらに、ホルモンバランスに気を配るなど、総合的な体内環境の改善も重要です。酵素やフコイダンといったものを積極的に摂取して、バランスの取れた健康な体を目指しましょう。

 

酵素という物質は、いろいろな体の機能を正常に働かせるためには不可欠なものです。そのため、酵素を体外から補うことにより、自律神経に限らず、体内の様々な働きを改善させることが可能です。一方、フコイダンには免疫力を向上させる効果があります。自律神経の乱れは免疫力の低下も引き起こします。低下した免疫力を改善するためには、フコイダンの摂取は効果的です。

 

他に摂取をすすめる成分としてサポニンがあります。サポニンは大脳皮質にアプローチし、ホルモンバランスを整えるという作用を持っています。含有量の多い食材は高麗人参などです。以上のように、自律神経のバランス改善を助けてくれる栄養素はいくつもあります。それらを多く含む食材を、食生活に多く取り入れることが望ましいです。

 

しかし、多くの現代人は多忙ですから、食事内容に毎日気を配るのも簡単ではないでしょう。そういった場合に便利なのが、様々な健康食品です。上述した食材や成分の配合された健康食品は数多くあります。それらを上手に利用すれば、必要な栄養素を効率的に摂取することができます。

 

とはいえ、健康食品はあくまで普段の食事のサポートです。普段の食事ではどうしても摂取の難しい部分を補うために使用するのが正しい活用法です。まず食生活を見直した上で、これらの健康食品を使用しましょう。

 

*自律神経のバランスを整えるために必要な栄養素と食材

 

自律神経失調症の予防や改善に有効な食材は以下の通りです。これらには、ストレスへの耐性を高める効果があります。ただ、以下の食材すべてを毎日摂取するのは簡単ではないでしょう。普段の食事に加えて、健康食品なども利用してみるのがおすすめです。ストレスに負けない身体を食事から作っていきましょう。

 

・ビタミンB群(B1、B2他)
効果:正常な神経の働きを保つ
食材:胚芽米、玄米、米ぬか、豚肉、大豆、ごま、カツオ、卵黄、ウナギ、レバー、にんにく、納豆、乳製品、他

 

・ビタミンA
効果:自律神経のバランスを整える
食材:牛乳、乳製品、卵、緑黄色野菜、他

 

・ビタミンE
効果:自律神経のバランスを整える、ホルモンの分泌を調整する
食材:穀物、豆類、緑黄色野菜、卵黄、他

 

・ビタミンD
効果:カルシウム(精神安定の働きがある)の生成を助ける
食材:青背魚、卵黄、乳製品、にんにく、きのこ、他

 

・カルシウム
効果:イライラを解消する、不眠を解消する
食材:牛乳、チーズ、卵、小魚、にんにく、ホウレンソウ、他

 

・必須アミノ酸
効果:自律神経をコントロールし、ホルモンの働きを良好にする
食材:肉、魚、牛乳、にんにく、乳製品、豆腐、他

 

・鉄分
効果:倦怠感を改善する、目覚めを良くする
食材:プルーン、ホウレンソウ、卵、他

オメガ3が花粉症に効く?

 

花粉症の患者数は年々増えており、その原因もスギ花粉ばかりでなく、ヒノキやブタクサなどの花粉がアレルゲンとなっており、場合によっては1年中、花粉症に悩まされている患者さんもいるようです。花粉症などのアレルギー症状は、アレルゲンを体の外に追い出そうとして、反応して起こるといわれています。

 

また、近年の食習慣や生活習慣の乱れによって、発症する場合や体の老化によって発症するとも言われています。アレルギーは、免疫異常で、食習慣や生活習慣の乱れによって、免疫力が低下していることが考えられます。また、老化によって、免疫力が下がったことも、アレルギー症状が発症しやすい原因ともいえます。

 

オメガ3脂肪酸は、体に必要な脂質成分で、1日2g程度を摂取すると、健康維持に役立つといわれています。オメガ3脂肪酸を代表するのは、DHAとEPAで、青魚やえごま油、亜麻仁油などに多く含まれています。オメガ3脂肪酸の働きは、さまざまなものがありますが、アレルギー症状に対してもよい効果があり、アレルギー反応を過剰にしてしまう酵素の作用を抑えて、アレルギー症状を和らげる効果が期待できます。

 

また、体の中に出来た炎症を抑える働きがあるので、アレルギー反応によっておきた炎症を抑えることが期待できるようです。

 

オメガ3脂肪酸は、体内で生成できないので、食品やオメガ3 サプリで補給する必要がありますが、多く摂取すれば、効果が高くなる、というものではありません。オメガ3脂肪酸の原料は脂質ですから、取りすぎれば、脂質が過剰になり、体に悪影響を与える場合もあります。ですから、1日の食事全体から1日2g程度摂取できれば、健康によい効果が期待できます。花粉症の症状が重い場合は、年間を通して、オメガ3脂肪酸を摂取して、花粉症の症状が重くなる前から対策をしておくとよいでしょう。

 

脂質や糖質、タンパク質は、体を維持するために必要な成分ですが、どの成分も多く摂取すれば、体の害になることもあります。食事の量は腹八分目を心がけ、カロリーの取りすぎに注意しなければなりません。

更新情報・お知らせ

(2015/11/04)
豆美人酵素を更新しました
(2015/11/04)
ケモアスカルプシャンプーを更新しました
(2015/11/04)
太陽光発電のおける寿命とはを更新しました
(2015/07/02)
自律神経を正す病院の治療法を更新しました